肉体的・精神的満足感

私には年の離れた兄がいて兄夫婦と子供が実家に遊びに来たときに兄の子供とお風呂に入っていたとき子供ですのでストレートに「おじちゃんのおちんちんはパパと違うね。なんで?」と言われました。
さすがに子供なので包茎であることは知りませんが恥ずかしかったのは入浴後私の両親、妹や兄のお嫁さんがいる前で暴露されたことです。
あの時のみんなの沈黙と私の凍り付いた様な思いは今となっては笑い話ですが当時は本当に恥ずかしく辛かったです。
家族だけではなく友人にも包茎であることは知られていたので早く包茎治療をしないと彼女が出来ないような事を言われて脅されてもいました。
私の場合は仮性包茎であったので最初は包茎治療をしなくてもいざとなったら包皮をめくれば何とかなると思って気にしていませんでした。null
しかしながらはじめて恋人ができたときに包茎治療の決心をしました。
なぜならつきあい始めて直ぐの時は遊びに行ったり喫茶店などで話をしているだけでも良かったのですがそういうデートを重ねていく内に徐々に体の関係に向かって行きますよね。
そうなる雰囲気は前触れがないですのであらかじめ包皮をめくるゆとりもシチュエーションもありません。
しかも先ほど述べましたように包茎であることに何となく後ろめたさのようなものも感じていたので私の方にブレーキがかかってしまい気持ちは焦ってもなかなか大事なところが反応してくれません。
そこで友人にも相談して包茎治療をするためのクリニックを探し包茎治療を受けました。
手術はあっけなく終わり術後も特に痛みなどもなくあとは医者の指示通りの生活を送りました。
彼女ともデートはしていましたがなんとかごまかしつつ1ヶ月程たってセックスが解禁になったので無事に満足のいくセックスが出来ました。
包茎であったときは包茎であることが重しになっていたので反応しませんでしたが、
包茎治療を受けて精神的にも解放されたことによって反応も良く肉体的にも精神的にもとても満足のいくセックスが出来ました。
包茎治療を受けた後ですので彼女には包茎であったことに気づかれずそして彼女の気持ちにも応えることが出来たことはとても良かった事でした。
包茎の方は今後の生活を考えて躊躇せず包茎治療を行われることを強くおすすめします。