切らないで仮性包茎治療をするには

男性にとって、包茎というのは、とてもコンプレックスとなるものです。
しかし、包茎というのは、本来は病気でもなんともありません。
特に仮性包茎の場合には、通常の生活を送る上では、なんら影響はありません。
仮性包茎である場合、通常であれば、勃起時に皮はむけてくれます。
ですので、性交時にも何ら影響はないと考えられております。
それでも、仮性包茎で悩んでいる男性は多くいます。
本来であれば、包茎治療というのは、切るのが最も根本的な解決方法です。
しかし、病気でもない体にメスを入れるのは抵抗があります。
下手な医者に執刀してもらって、かえって変になってしまったという例だってあります。
そういったときには、無理して病院で切ってもらう必要はありません。
仮性包茎のああいでしたら、自力で包茎治療をすることもできるのです。
その方法というのは、2つあります。
まずは、「むき癖」をつけることです。
これは、とてもシンプルな方法で行うことができます。
それは、皮がかぶったら、ひたすらむく、これを繰り返すのです。
繰り返すことで、徐々に「むき癖」がついてくるので、そのうちにむくことなく亀頭が露出している状態をキープできることでしょう。
もう1つの方法は、亀頭を大きくするということです。
では、どうやったら亀頭は大きくなるのでしょうか。
それは、亀頭に刺激を与えることです。
亀頭に刺激を与える方法は、簡単です。
日中に皮をむいておけばいいのです。
そうしておけば、亀頭が露出して、下着とこすれることで勝手に刺激を与えてくれます。
また、お風呂に入るとき、亀頭を丁寧にごしごし洗うことも、刺激を与えることになります。
後者の方法は、特にペニスを清潔にすることにもつながりますので、是非行ってほしい方法ですね。
これらの方法を、数ヶ月、あるいは数年行っていれば、自然と仮性包茎は治癒することでしょう。
しかし、よくよく考えると、仮性包茎の場合は、コンドームが外れにくい、というメリットもあります。